Photo Gallery

涙袋メイクに必須のピンク色のアイライナー。

ケサランパサランのものを使っていたのですが、いよいよ残りわずかになったので買いました。

ケサランパサラン ペンシルアイライナー PK01
今まで使っていた旧タイプのものと合わせると5本目ぐらいかな?




今まで使っていたリニューアル前のものと比較すると太さがだいぶ変わり、細くなっていました。




感覚的には半分ぐらいの細さな感じ。
容量は同じなのだろうかと気になるところです。

ケサランパサランのアイライナーの好きなところは、
ラメが入っておらずパールで光るところ(ごく微細なラメはよく見ればあるけれど基本的に粒では光らず面で光ります)、
そのパール感がきつくないところ、
ベースとなる色がピンクベージュで白っぽくないので悪目立ちしないところ、
詰め替え式なので継続して使えばそんなに高くないところ。

・・・なのですが、旧バージョンと比べると、リニューアル後は色やパール感、固さなど少し変わったところもあります。


まずは色比較。




わかりにくいかもしれませんが、リニューアル後はピンク味が少なくなりベージュ寄りの色になりました。
パール感はちょっと増したように感じます。
肌への色の乗りやすさは、リニューアル後のほうが良いです。その一方で減りの早さが気になります。

これまでのものは色づきが悪く、何度も往復させないと希望の濃さが付かなかったので肌への負担が気になったのですが、リニューアル後は色がつきやすいので肌への負担は軽減されそう。
だけど微妙な色づきの調整はしにくいので一長一短かも。

リニューアルして、塗ったところが主張するようになった気がします。
前の色のほうが私は好みです。

色持ちに関しては、リニューアルしてすごく良くなっています。
腕に試し塗りすると、こすってもなかなか落ちませんでした。

ただ、前のものでも色持ちは問題なかったのですが・・・。


あと、リニューアルしてこれまで使っていたホルダーが使えませんでした。
ちゃんと確認しておけばよかった・・・!
悔しいのでしばらくホルダーなしで頑張って使ってみます。

色々書きましたが、結局のところ、私はケサランパサランのアイライナーのファンです。

最近は涙袋用のピンクベージュ系のアイライナーも色々ありますが、
ラメの粒が目立つものやパール感が強すぎるものも多く、
これだけさりげなく肌になじむ色で、でもしっかり塗った効果が感じられるという絶妙なバランス。
色々他のものも試したくなるのですが、結局これに戻ってきています。

最近ケサランパサランはアイブロウケアが主力っぽくなっていてコスメはあまり力をいれていないような気がするのですが、
このアイライナーがすごく良いものなので廃番にならずにいてほしいです。

なので応援の気持ちも込めて全力でおすすめします。

(モニター記事やケサパサ関係者じゃないですよ!)


レディオスカルのリキッドアイライナー、限定デザインのものを買いました。

IMG_6110.jpg

限定だから買った、というわけではなく、ずっとリピートしていて買い替えの時期にたまたま限定のものしか置いていなかったから買っただけだったりします。

色はブラック。
最近またパーソナルカラー診断を受けて、-結果は前回と同様だったのですが、(またこれについては改めて記事にできたらいいなと思っています)

アイラインは黒よりブラウンを!と勧められたのに、
やっぱり瞳を目立たせてくれる黒アイラインに魅かれてしまいます。

ここ最近の私のアイラインの引き方としては、グレーのジェルアイライナーでアイラインを引き、目じりの跳ね上げだけ、このリキッドアイライナーを使っています。

IMG_6112.jpg


この筆、細く跳ね上げるのに大変使いやすいです!
完全に落ちないわけではないけれど、落ち方も汚くないし、満足しています。

ちなみに、普段のデザインのものと比べるとこんな感じ。


IMG_6111.jpg

この深い赤は、SK2とかインウイみたいで高級感があっていいですね。
ただ、フタの素材が安っぽいのがやや残念。


まあ、機能がいいので見た目にはそんなにこだわらないです。
これで1000円って、すごい。


ただ、最近同じような価格帯でたくさん良さそうなリキッドアイライナーが出ているので、
実はもっと良いのもあるなかもしてない・・・なんて思いつつ、結局冒険せずにレディオスカルをずっと使っています。







今さらなんですが、限定ものを紹介します。
 
インテグレートのキラーウインクジェルライナー、GY800
 
 
 
限定なんですが、未だにひっそりと在庫が残っていたので、最近購入しました。
 
繰り出し式のペンシルタイプのジェルライナー。
一度出したら戻らないという、不思議な構造。残量が分からないのが不便です。
 
ペンシルタイプのジェルライナーって初めて使いましたが、とても描きやすいです。
 
筆で描くジェルライナーよりお手軽だし、普通のペンシルタイプのものより柔らかくてスルスル描けます。そして、リキッドタイプより自然な濃さ&太さで描けます。
 
 
色もちもまずまず。
 
ただ、目尻や下まぶたにこれを使うと、崩れるし太いラインになって使いにくかったので、ペンタイプのアイライナーと併用しています。
 
 
限定のこの色は、やや赤みの感じるグレー。ちょっと大きめのピンクラメが入っているので、ピンク味を感じるのかも。
 
 
ラメの大きさが心配でしたが、付けると気になりません。
 
黒よりナチュラルで、ブラウンより引き締め効果がある気がします。
 
限定なのがとても惜しい、いい色です。




青いマスカラに引き続き、“青い”アイテム増えました。

こちら。





ケイト スーパーシャープライナーS(スパイダー)ダークブルー


パキッとした青色ではないので、モードっぽくはならない、…はず。


ケイトの限定色。


漆黒な黒色だと、キツく見えるのと、黒の引き締め効果(?)で、かえって目が小さくみえたり…かといってブラウンだとぼやけるというか、ちょっと物足りない…。

そんな気分のときにピンときて衝動買いしました。


実際使ってみると、まぁ、自己満足なレベルの違いですが…。


手の甲にお試しでラインを引いてみたら、じわっとにじみます。水っぽい感じ。

でもアイラインを引くと、薄くもないし、にじむ感じもしませんでした。
もちはまずまず。
落ちにくさでいったら、前使っていたマリーアントワネットのアイライナーのほうが、落ちにくくて良かったです。


細さも、もう少し繊細なラインが引けるほうが、好み。


でもやっぱり、嫌ではないです。

見た目より、結構使いやすい。
リキッドアイライナー2本買いました。




ベルサイユのばらのリキッドアイライナー。

左のオスカルの方が黒色で、右のアントワネットの方がブラウンです。


アントワネットは以前に買って紹介しましたが、気に入ったのでリピート買いしました。そしてついでにオスカルの黒色も買ってしまいました笑


極細の筆ペンタイプのリキッドアイライナー。
最近色々なメーカーから同じような性能のリキッドアイライナーが数多く発売されていますが、その中でもこのベルサイユのばらのリキッドアイライナーは、ラインの引きやすさ・細さ・色保ちの良さ・値段、全てバランスが良く優れたアイライナーだと思います。


なので本当はもっと他のアイライナーを試したいのですが、結局またこのアイライナーを買いました。


最近は上のラインを黒、下のラインをブラウン、と2色使いにしています。