ただ今メイクブラシの勉強中

 08, 2010 
今、猛烈にメイクブラシ熱が高まっています。


ことの始まりはMACのアイシャドウ。(テンプティング→ソバ→レトロスペック→エスプレッソのブラウンメイク)

以前買ったものの、なんだか発色が良すぎて肌に馴染まず疎遠になっていました。


昨日ふと、ルナソルのスキンモデリングアイズを使いかけて、やっぱ久々にMACにしよう!と変更したため、ルナソルの付属ブラシでそのままMACのアイシャドウを塗ったんです。(ズボラです笑)


そしたらなんと、淡いグラデーションで私好みのブラウンメイクになりました!!
ただでさえ発色が良いと評判のMACのアイシャドウに、コシのある人工毛のブラシを使っていたことが失敗だったようです。
コスメ自体の色や質だけじゃなく、ツールも仕上がりに影響することを今更ながら実感。

お蔵入りしかけたMACのアイシャドウもヘビーローテーションアイテムに返り咲きです。



で、話を始めに戻しますと、もう少しメイクブラシに気を使おうと思うようになりまして、現在メイクブラシの情報収集中なんです。

毛質や形…奥が深い!
前までは、ブラシの毛が山羊だとか灰リスだとか、チークやシャドウのプレスが固いとか柔らかいとか、さらっと流していましたが、勉強の甲斐あってちょっとだけわかるようになってきました。
白鳳堂のサイトをワクワクしながら見ているところです。


最近仕事が忙し…、いや、充実しているので(笑)頑張って乗り切って一段落したら、ご褒美的にメイクブラシ買っちゃおうかなと思っています。

関連記事