久しぶりにつけまつげを。アストレアヴィルゴ アイラッシュNo.11

 16, 2010 
つけまつげヘビーユーザーで毎日のように使っていた時期があったのですが、最近は自まつげ育成に目覚めたためご無沙汰していました。


今日ドラッグストアをぶらぶらしてびっくり。
つけまつげのコーナーが広がっていて充実していて、ついつい見入ってしまいました。


私がつけまつげを使ってみて、自分なりに選ぶポイントを決めているのですが、

(1)アーチ部分が黒いこと。
…付け根が透明な方が肌に馴染みそうなのですが、私はちょっと扱いにかったため。

(2)毛が長すぎ・濃すぎないこと

…つけま感が出過ぎて私の目に似合わないため。
欲張りすぎはだめみたいです。ちょっと物足りない?って思うくらいがちょうどよかったりします。

(3)クロス、ストレート、タイプは問わないけれど、目じりが長いタイプは使わない。

…正面から見るとたれ目っぽくなれるし好きなのですが、横から見ると目の際に毛がもっさり密集して見えて好みではないため。
つけまを買う前に横から見て自然かどうかを確かめるといいと思います。

(4)アーチ部分が太すぎるものはなるべく買わない。

…くねらせてから使ってもコシがありすぎて痛いときがあります。とくにプチプラなつけまほど固いのが多いので要注意。
あと付け根が細いほうが目立ちにくいので。
グルー(つけまのり)をつける部分多いと安定するので取れにくいとは思うのですが、私は使い心地重視です。

(5)これは買って使ってみてわかることなのですが、一回でダメになるシリーズのつけまは買わない。

…私のつけまの落とし方が雑なんですが、なるべく手荒な扱いに耐えられて使い回せるつけまが好きです。
MACのつけまは3個買いましたが全部数回の使用で毛がバサバサになってしまいました。


以上、私のまつげ選びのポイントでした。
私の好みはナチュラルな自まつげっぽいつけまつげ。
あくまで私の好みですし、華やかまつげを目指す人のポイントとは合わないと思いますのであしからず!



さて、今回のつけまですが、私のつけま選びのポイントに合ったつけまの種類が多かったアストレアヴィルゴのものから選ぶことにしました。


今日買ったのはアストレアヴィルゴのつけまつげ。No.11。



一見奇抜に見えるクロスとストレートの中間にみえる変則クロス。


よく見ると目頭寄りの毛は薄い茶色。このグラデーションがとても自然でいいです。

横から見るとこんな感じ。

目の中央が毛が長くてカールが強め。キュートな印象になるタイプ。


付けて見ると、目頭が淡い色になってくれているおかげで、目頭の毛が主張しすぎず馴染んでくれます。

付けてみた見た目はストレートタイプに近いです。

ナチュラルタイプを謳っているだけあって、毛が長すぎず自然!
下手したら自まつげ+マスカラと変わらないぐらいかも?笑
でもギュンっとカールしたまつげはつけまならでは。

アーチ部分がちょっと太めだったのが心配でしたが、痛くないので合格です。


少し物足りない気もしますが、やりすぎはまつげが悪目立ちしちゃうので、これぐらいがいいかと思います。

でも次はもうちょっとだけ毛が長くて細いものを選びたいなぁと思っています。

こんなつけま大丈夫?と思うものでも付けてみると意外と似合ったりするので、つけま選びって難しいのですが、あれこれ試行錯誤してお気に入りを見つけるのが好きです。


つけま卒業したつもりが、つけまの楽しさを再確認してしまいました。笑

関連記事