アクリル絵の具でネイルの色を作る!

 07, 2010 
今回はジェルネイルの紹介ではありません。


なかなか上達しないへっぽこフレンチネイル。


これ、自爪にアクリル絵の具で塗っています。

私、ポリッシュ(いわゆるマニキュアですね!)がとても苦手なんです。


不器用。ってことに尽きるのかもしれないけれど、共感してくれる人も多いはず。


そういうわけでジェルネイルを始めたのですが、ジェルネイルをきっかけにしてアクリル絵の具で色付けする方法を知り、最近アクリル絵の具での色作りに夢中です!

アクリル絵の具の良いところは、

・好きな色を自由に作れる…色の三原色(赤青黄)と白の絵の具さえあれば、混ぜ方次第でどんな色も作れます。
私はそれに加えて黒、茶、パール入り、ラメ入りの絵の具も使っています。
好みのネイルのストライクゾーンが狭く、マニキュアの色を探すのが手間だったので、好きな系統の色で微妙なニュアンスの違いを自作の色で楽しむことができます。

・安い!…ダイソーで買えます。
ラメやパール入りのものは画材やさんなら400円近くするのに、百均ってすごい!


・乾くのが早い!重ね塗りしてもよれないんです。
筆は使ったらすぐ洗うのが鉄則。


などなど、とても使い勝手が良いです。
特に色作りが自由自在なところが絵の具ならではの長所ですよね!

絵筆で爪に絵の具を塗る様はかなりシュールですが笑


刷毛の跡が残りやすいので、厚めにトップコートを塗るのがコツです。

普通にマニキュアで塗ったように見えますよ!
除光液で落とせます。



マニキュアが扱いにくい方におすすめします。
関連記事