なんだかカサカサ。11月17日の美肌計画の経過報告

 17, 2010 
忙しさにかまけて美肌計画が滞っています…。
そのせいなのか、しみの状態は相変わらずです。


ビタミンC誘導体ローションは毎日使っていますが、ディフェリンとハイドロキノンはその日の気分でどっちかだけ塗ったりとかしています。


そんな私の最近の肌の気になる点はというと、


とにかく肌がかさつく!!
というところです。
『お化粧のノリが悪い』というより、『なんか粉ふいてる?…というかポロポロしてる?』という情けない感じが正直なところです。


私の考えつく原因としては、

(1)ビタミンC誘導体ローション、ディフェリン、ハイドロキノンの単体もしくは複数による作用のため→特にディフェリンの皮剥け作用

(2)クレンジング力弱めのクリームクレンジング使用中なので角質が溜まっている

(3)保湿不足で乾燥しているため


…(1)が原因であってほしいところです笑
ビタミンC誘導体ローションを使う場合、どんな保湿系アイテムを、いつ使うといいのか…悩みどころです。
下手に使ったらせっかくのローションの効果がなくなってしまうかなぁと思うとためらってしまいます。


以上近況報告でした。


以下余談なんですが、最近手のほくろが薄くなりました。

人差し指と親指の中間にあった直径3ミリぐらいのもの。小学生ぐらいのときからあったはず。

色は薄茶色でしたが、皮膚の溝に沿って濃い茶色の筋になっていて、ちょっと目立っていました。

ですが、今日ふと気がつくと薄くなっていました。
これまでずっと色も形も変わらなかったのに不思議。


これはビタミンC誘導体ローションのおかげでしょうか?
確かにいつも手でパシャパシャつけていたので、効果が現れてもおかしくはないかも。

となると、真っ先に美肌になっていくのは顔ではなく手のひらなのかもしれません…!!
関連記事