ミルクジャムヘアカラーを2色混ぜて自分色づくり

 08, 2011 
1ヶ月前にセルフカラーで染めたのですが、最近退色して黄味のあるカラーになってきたので、また染め直しました。


前回と同じ、ミルクジャムヘアカラーです。


ヤフービューティーの口コミ(携帯から@コスメが見にくいため、最近コスメの口コミサイトはもっぱらこちら。おすすめです!) で2色混ぜている方が多かったので、真似してみました。


色は生チョコガナッシュとラズベリーロゼ。


2個買っても千円以下でした。


前回は生チョコガナッシュ単品一箱で染めたのですが、髪量普通・肩までかかるぐらいのミディアムボブの私にはギリギリ一箱で間に合う…という印象だったので、2箱なら余裕ありでした。


生チョコガナッシュは前回とても気に入った色で、暗さも色もちょうどいい、本当にスタンダードな色です。

ただ、私は退色すると黄味のあるパサついた感じになりやすいので、今回は生チョコガナッシュに赤味のある色を加えることにしました。

選んだのはオレンジよりもレッド寄りなピンクベージュ…のラズベリーロゼ。明るさも生チョコガナッシュよりは明るいですが、まぁ暗めだったことが選んだポイントです。


ところでミルクジャムヘアカラーのカラーチャートは簡潔でわかりやすくて良いです。
これを見ながら、スタンダードな生チョコガナッシュに自分の加えたい色を探すと、少しハードルが高そうな2色混ぜもやりやすいと思います。



私のやった2色混ぜの手順は、単純に生チョコガナッシュとラズベリーロゼの1剤(チューブ)を目分量で半分ずつ2剤に入れてシャッフルする…というやり方。

気持ち単色でやるときより多めにシャッフルしました。


塗布時間5分、なじませる時間5分、放置時間約18分で、少し短めの時間で染めました。


結果、生チョコガナッシュ単品より気持ち明るく染まりました。(時間は前回と同じぐらいです)


でも明るすぎることはなく、色のニュアンスだけ変えたかった私にはちょうどいいぐらいです。
ピンク味が入ったのでツヤのある仕上がりになりました。


ミルクジャムヘアカラーのいいところは、液ダレせず染めやすいところ・明るく染まりすぎず落ち着いた色になるところだと思います。


パッキリ色を入れたい方には物足りないかなぁと思いますが、私にはぴったりです。


液が扱いやすく、暗めのカラーになるので色ムラも目立ちません。



刺激や匂いはもちろんありますが、我慢できる範囲です。


また機会があればリピートして使ってみたいです。


2015.11追記 最近は市販のものではなく美容院用のヘアカラーでセルフヘアカラーをしています。
こちらの記事も参考にどうぞ。
色がたくさん選べるし安く仕上がるのでおすすめです。




関連記事