パーソナルカラー診断(2回目)&骨格診断を受けた話。

 24, 2014 
結構前のことなんですが、パーソナルカラー診断と骨格診断を受けてきました。

パーソナルカラー診断は2回目です。(過去のパーソナルカラー診断の記事はこちら

カラーは以前受けたことがあるのでおまけな感じ。骨格診断に興味があって。

カラー診断&骨格診断で、2時間8000円でした。

結論から先に言うと、期待していた骨格診断はイマイチ・・・。

診断の当たり外れとかの問題ではないんだけれど、一般論しか聞けなくて、「自分のスタイルに合わせたファッションの提案」って感じでもなかったなぁ。時間的にも、カラー診断中心だったし。
一応、関西で口コミが良さそうだったのでそこに決めたのですが、私ならそこはお勧めしないかなぁ。
診断してくれる人との相性もあるのかもしれないけれど、難しいですね。


愚痴はさておき。


診断の結果ですが、
パーソナルカラー診断の結果は、
1stはスプリング(春)。以前別のところで受けた結果と同じです。

以前の診断では、スプリングのビビッド(濃い色)、と言われましたが、今回は淡め~中間ぐらいのトーンをおすすめされました。

そして、2ndはサマー(夏)
これも前回と同じ。

完全に復習みたいになってました。
前回と同じく、
春でも夏でも、濁りのない色ならどっちでも顔色が映える。春なら顔が生き生きした印象に、夏なら澄んだ印象に。血色がよく見えるのは春なので1stシーズンは春だけれど、クールな印象に見せたいなら夏も良い感じ。クリアカラーなら、冬でもいける色は多い」とのことでした。

・・・完全に前と一緒です。

要するに、濁りNG。私の憧れる、スモーキーな秋色はダメってことで。

まぁ、3年前に初めて春と言われたときにはがっかりでしたが、だんだん自分に似合う色に納得できていたし、
最近はもうコスメはツヤ感のあるクリアカラーばっかり選んでいたので、診断結果が同じで良かったです。

2回目なので、ドレープを当てたときの変化も納得できたし、もう一度受けてみて良かったと思いました。

顔色の変化でいえば、透明感のある夏のクリアカラーの方が個人的には好みですが、パーソナルカラー理論的には血色が良く見える方がベストシーズンのようですね。

パーソナルカラーの流派も色々あるようですが、今回の話では、肌の状態の変化に伴ってパーソナルカラーも変わりうる、とのこと。
たぶん、私は秋のスモーキーカラーがベストカラーになることはこの先もなさそうだけれど、夏や冬のクリアカラーがベストになることは大いにありえそうだな、と思いました。

3つの季節のカラー表をもらいました。(●がついているのが私のお勧めカラー。スキャンしたものなので若干色は違うかも)
春のコピー
夏のコピー
冬のコピー


とりあえず、顔がくすむレベルのスモーキーカラー以外なら、なんでも好きに選べばいいように思います。

メイクのアドバイスとしては、「素肌を活かした薄化粧を、アイラインやエクステは黒よりブラウン系を。アイシャドウの締め色は濁りが多い色なので少なめに」、とのこと。


続いて骨格診断。

どこから判断しているのかは分かりませんが、手首や足首・肩のあたりを見て判断していたようです。
私の結果は「ナチュラル

本当に!?と意外な結果でした。
ナチュラルと言えば、関節や骨が目立つ背の高い人のイメージがあったので、漠然とストレートかウェーブだと思っていました。
ただ、典型的なナチュラルではなく、ウェーブの要素もありそう、とのこと。

ナチュラルの似合うスタイルは、ゆったりとしたボリュームのあるもの。麻などの天然素材。

かっちり・体のラインに沿った綺麗目デザインが好きだったら、どうしたらいいのでしょう?かなり困惑です。


まぁ、パーソナルカラーにしても、骨格診断にしても、それに固執する必要もなくて、「似合うスタイル選びの目安の一つ」程度のゆるさでいいかと思っています。
そればっかりに縛られても、おもしろくないですしね。
診断を受けたからには、せっかくなのでベストスタイルを探求したくはありますが、自分の好みとどう折り合いをつけるかがちょっと難しいかも。


とりあえず、自分の雰囲気に合ったスタイルについては客観的に見てもらう価値はあると思うので、
次機会があれば、今度はパーソナルカラースタイル診断も受けてみたいと思っています。(懲りてないなぁ)


今回の診断後のメイクに使われていたのはコレ↓



関連記事